灰になるまで腐女子です?

二次元沼にハマった永遠の35歳主腐が同輩を求めて綴る戯言

今日のお題はイタデイだ、うん♪

 こんにちは、稀腐人です。これまでは過去の同人活動で扱ったDBやスラダン、コロコロシリーズ、自分の中では現在進行形のカイタカ等のCPについてあれこれ語ってきましたが、サブブログにて『NARUTO』由来のCP、イタチ×デイダラにインスパイアされた『ムーンライトダンス』を披露した記念?に、イタデイを取り上げてみようかと思います。

 御存知ない方のためにざっくり説明すると、イタチもデイダラも、NARUTOのストーリー中盤から登場する『暁』という組織に所属しています。一族皆殺しの罪で木の葉隠れの里(ナルトたちの住む地区)を抜けた、サスケの兄であるイタチ、岩隠れの里でテロ行為を繰り返していたデイダラといったように、犯罪者・はぐれ忍者を集めた暁は尾獣と呼ばれる生き物(というよりエネルギー体)を狩る行為を行なっていました。

f:id:xifuren2019:20200131180233j:plain

暁のメンバー(一部)右端が鬼鮫

 尾獣は、場合によっては人間の身体に封印されているので(ナルトには尾獣のうちの九尾が封印済、人柱力と呼ばれる)人柱力から尾獣を取り出すと、元の人間は死んでしまうってんで、暁vs狙われる側のバトルが始まるわけです。

 暁には十人余りの忍者がいますが、基本的にはツーマンセル(二人一組)で行動します。デイダラ自身の回想によると、イタチとその相棒の鬼鮫、相棒募集中のヒルコの三人がデイダラをスカウトにやって来て、そこでイタチの幻術に魅せられてしまうというくだりが。デイダラにとってイタチはムカつくけど気になる相手といったところですね。

f:id:xifuren2019:20200131180410p:plain

デイダラちゃん💛

 

 

f:id:xifuren2019:20200131180516j:plain

うちはイタチ

 結局デイダラは暁の一員となり、サソリ(ヒルコはサソリの傀儡で、それを被って行動していた)の相棒に。一尾の尾獣が封印された我愛羅を狙いに、二人で砂隠れの里に向かう……という展開。

 やんちゃで単純、わかり易い性格のデイダラは敵側のキャラでありながら主人公タイプだし、そのライバルポジでクールビューティーのイタチとくれば、このワシがハマらないはずはない(笑)。もうこれは絶対イタデイだよね! と自信満々。

 アニメで暁編を放映していた当時、デイダラが鬼鮫に対して、イタチの印象「イケメンでモテそう」と語り、それを聞いた鬼鮫が「どうせ私は」といじけるオマケコーナーがありまして、これを観て「デイダラ、イタチのこと気にしてるやん、イケメンって認めて評価しているし。やっぱイタデイだわ」と勝手に納得したほど。

 しかしながらNARUTOのBL系同人誌等の事情はよくわからず、カカシ先生がいろんな人とCPされているなぁ〜ぐらいで、今回の記事作成にあたり、初めてpixivでNARUTOジャンルを検索したところ、デイダラのお相手はイタチよりもサソリが主流だと知った次第。

f:id:xifuren2019:20200131180551j:plain

サソリ

 まあ、確かにサソリもイケメンだし、何たってコンビ組んで行動を共にしているのだから、滅多に会わないイタチよりもそうなるチャンス(笑)は多いわな、と納得。カイタカほどの執着心がないため、それはそれでいいのですが……

 スラダンの時に支持していた流花が最初は細々としていたのに本流になったという成功体験(ちょっと違う)から、ついやりがちですが、自分の推しCPは本流だという思い込みは危険ですね。それでもワシはサソデイよりイタデイがいいな♥

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL語りへ
PVアクセスランキング にほんブログ村