灰になるまで腐女子です?

二次元沼にハマった永遠の35歳主腐が同輩を求めて綴る戯言

第二回ミッチー受オンリーイベントに参加してきました②

 二回目のスラダン三井寿受オンリーオンラインイベントが5/22に催されました。当日のツイを拾い損ねたので以前の予告。

 一回目が1/9でしたから、インターバルは四ヶ月あまり。ハイペースですね~。もっとも、5/22はミッチーの誕生日と設定されているので「おたおめ企画」という面もあったようです。

 当日は幽白のイベントも開催されており、先にそちらへお邪魔したのですが、蔵馬受のサークルが目立っていたために、なんとなく見る気が失せて早々に退散しました。幽白では推しキャラとかCPはないはず、なんですけど、蔵馬と飛影のCPでは飛×蔵よりも蔵×飛だと思うし、基本的に主人公受ですから蔵馬×幽助ならOKかなと。頭が良くて落ち着いた性格のイケメン、というキャラの蔵馬はシュウに通じるところがあるので尚更「左」であって欲しいわけさ。

 で、ミッチーの方に移ったんですけど、こちらはまた拝見したいサークルが多くて、ところが例によって朝からのThat's用のために「何事にも邪魔されずにスペースを回る」ことが出来た時刻は終了一時間ほど前。主婦ほど因果な商売はないよ。どうして毎度自分の時間が持てないっつーか、こういうお楽しみがある時に限って用事が入るのかと恨めしくなる。ま、愚痴はここまでにして。

 

今回のスクショ① 中央広場

 ミッチー受が募集テーマであり、スラダン全体ではないのですが、それでも多くのサークルさんが参加しており、一般でも沢山のアバターさんが訪れていました。ミッチーのお相手としては、仙道・ゴリ・流川・鉄男、オラが支持してSSや漫画を描いていたリョータを扱っているサークルさんは少なかったな。それから、四半世紀前には殆ど見かけなかった洋平とのCPがめっちゃ支持されているのが最近の傾向ですね。逆に、木暮とのCPは減少。ミッチーが原作に登場した当初、多かったのは三井×木暮だったんだけど、今や彼は受の人ですからね。木暮の攻は厳しいから減るのは当然か。

 薄本やアクキーなどのグッズを販売されているところはそれなりにありましたが、pixivやポイピクを利用した展示サークルさんが圧倒的に多いのはまあ、無理からぬことで(自分自身もそうだし)呪術のような現在進行形の作品(それも人気ジャンル)を扱い、リアルのイベントにも頻繁に参加できるような人でないと在庫を抱える羽目になってしまいますからね。それでも何かしらの頒布物を提供したいとなるとネップリが順当かな。

☝上記は一回目のイベントの様子を記したものですが、状況はほぼ同じでした。もっとも、リョータ×ミッチーのサークルさんは前より増えていたな。ミッチーに関して自分では過去にこのリョ×ミぐらいしか描いたことがないのですが、お相手に関してはぶっちゃけ、花道以外なら誰でもOKつーか、読むだけなら抵抗はないですね。流川でも気にならなくなった。リアタイ時はさすがに無理だっただろうけど、四半世紀という時間は人を変えるのよ(笑)。

 展示のサークルさんが多いということはpixivで検索すれば見つかるのでイベント中でなくても作品を拝見することはできるんですけど、どういう傾向の作品かを知るのに「おしながき」は結構有効なので、好みの作品をピンポイントで探せるという点ではイベントの価値は大きいですね。

 

スクショ② 空きスペースに配置された教室

 湘北高校の教室でしょうか、ここにもミッチーへのプレゼントが。スラダンクラスタさんたちはホビアニ系よりも年齢層が高いからか、各サークルの店舗外観も落ち着いたデザインのものが多かったですね。個人情報に抵触するかと思い、いつも主催者様が用意された施設?しかスクショしないんですけど、皆様の工夫がなされたスペースを見るのもオンラインイベントの楽しみのひとつです。

 とはいえ人様(主催者様)の作品をサムネにするわけにはいかないので、今回は過去絵を貼っておきます。今年の初めにフォロワーさんに贈った、アナログかつモノクロ絵ですがお許しください。

過去のスラダン本からミッチーのセクシーショット

 さらに第三回も開催決定ということで、そのエネルギーには圧倒されますね。今年は映画も公開されるし、スラダンは大いに盛り上がることでしょう。三回目もお邪魔する予定です。楽しみ~。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL語りへ
PVアクセスランキング にほんブログ村