灰になるまで腐女子です?

二次元沼にハマった永遠の35歳主腐が同輩を求めて綴る戯言

ライ主語り③ まさかのライ主vs主ライ論争

 数日前のことですが、Twitter上でまさかの攻受論争が起きるとは……きっかけは少年ジャンプ➕がツイにUPしたこのアンケートらしい☟

 元ネタは少年ジャンプ➕に載っていた読切マンガで、タイトルは『腐女子除霊師オサム』。まさか少年誌で腐女子を取り上げた作品があったなんてオラは全く知らなかった。そもそもジャンプがそんな内容の作品を載せていたこと自体が衝撃なんですけど、今や何でもネタにするんだよなぁ。

 この論争、腐女子のみならずノンポリ(笑)も男性も巻き込んで大いに喧々諤々。当の作品は無料で読めるので早速拝読しました。

「借りたアパートの部屋に居座る霊に手こずる女子高生が除霊を頼んだのは同じ学校に通う除霊師のオサム。彼女は問題の霊が腐女子であり、元気系主人公(バン)とクール系ライバル(ヒスイ)のCPに於いて、自分はバンヒスなのにヒスバンが王道だということに怒っていると解明。除霊のためのバトルを繰り広げることに……」といったストーリーなんですけど、要は腐女子のCP宗教戦争を題材にしているわけだ。もう腐女子あるあるがスゴすぎて笑うしかない。

『腐女子~』の作内作品に於ける主人公・バンとライバル・ヒスイのキャラ設定や関係性はカイタカの設定と近いので(シュウバルとは微妙に違う)カイタカ派はおそらくヒスバン支持ですね(笑)。流花派も同様とみた。これはバン≒タカオ≒花道であり、ヒスイ≒カイ≒流川であるから。全部が一致するわけではないので=ではなく≒を使いました。シュウバル派もここに入るけど、バルトとシュウは≒を間に三つぐらい並べないと等式が成り立たない。

 基本的にはライ主の民ですが、自己紹介その他で主人公右固定と表記するのをやめたのは主人公が必ずしも右ではない作品があると再認識したから。例として、このブログでよく取り上げているのは自分が最初に同人活動したDBのカカベジだし、最近ではマンキンの葉蓮はアリだと思ったからですかね。作品による、つまりキャラの性格や二人の関係性などの設定によっては主人公攻も有りなんだわ。悟空≒葉でベジータ≒蓮だけど、悟空≠タカオ、葉≠タカオだからね、これは「主人公だからといって無条件に右」ではない理由になる。とは言え「悟空タイプの主人公は左」と決めつけていいのか、そこもまた作品によりけりでしょうし、こうなると全てがケースバイケースだな。

 

f:id:xifuren2019:20210625223741j:plain

封印を解いてサブブログ1で公開 1️⃣8️⃣ラジカル・ミラクル・サバイバル

 ちなみによく聞くのが、主人公の扱いの他に「推しは右」というもの。これも無条件には決めつけられないよ、作品毎に「推し」(作品中で自分が一番気に入っているキャラとの認識の元)のタイプが変わってくるんだもの。ちなみにオラの場合☟

ベイバの推し1→シスコ(サブキャラで攻(サブ×サブ))

ベイバの推し2→シュウ(ライバルで攻(ライ×主))

爆ベイの推し→タカオ(主人公で受(ライ×主))

バトビの推し→炎呪(ライバルで攻(ライ×主))

デュエマの推し→黒城(ライバルで攻(ライ×主))

コロッケの推し→リゾット(ライバルで攻(ライ×主))

DBの推し→ベジータ(ライバルで受(主×ライ))

スラダンの推し1→花道(主人公で受(ライ×主))

スラダンの推し2→越野(サブキャラで受(サブ×サブ))

NARUTOの推し→デイダラ(サブキャラで受(サブ×サブ))

 自身にとってBL妄想ができる作品・キャラに限定しましたが(つまりアイシールドのヒル魔クンなどは除くという意味)御覧の通りバラバラ。作品によっては登場人物にお気に入り№1のシスコタイプが含まれているわけではないってのもあるし、シュウやリゾットのような正統派イケメン、花道のように性格が可愛いので推す場合もある。そんなわけで、推しだからといって受ではないのは明白、やはり相手によりけり。まあ、トータルするとライバル攻×主人公受の率が高くなるって感じかな。特にコロコロがね。

 ともかく人それぞれ、受け止め方も考え方も千差万別なんだし、相容れない思想や主張に関してはお互いに触れないようにすればいいと思うのだけど世の中には、自分とは違う考えに対して、何が何でも論破して勝ちたいタイプの人っているんだよね。波風を立てることに生きがいを感じているのかな、面倒臭いよなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL語りへ
PVアクセスランキング にほんブログ村