灰になるまで腐女子です?

二次元沼にハマった永遠の35歳主腐が同輩を求めて綴る戯言

ダイバ最新話&ガチ視聴続き

 ダイバ最新話(9話)を視聴しました。ついに登場しましたね、ラシャド・グッドマン。バルトを尊敬してやまないBCソルの新人ブレーダーという設定。なぁんだ、悪役でも敵キャラでも何でもないじゃん。予想がことごとくハズれたよ。

f:id:xifuren2019:20210521175427j:plain

ラシャド・グッドマン(CV小野大輔氏)

 シャカを彷彿させる豪快さ、気は優しくて力持ちといった感じで、ハンナにも気遣いを見せるあたり、好感度UPで女性ウケしそうなキャラ。おねー様たちの人気を攫うんじゃないでしょうか。ベルとのコンビネーションもなかなかイケそうです。ベルCVの田村氏もコメしていました☟

 さて、フリーとバトルをするために(そのためだけに☜ベイジャンルあるある)スペインを訪れるベルたち。毎度のことながら、国内を移動する程度の感覚で世界へ飛んじゃうからなぁ。アイガの実家の北海道なんて隣町さ。それでも爆ベイ時代は時間をかけてヨーロッパ圏内を移動するとか、それなりに「世界を回っています」感があったのだが、どんどんお手軽になっていく。グローバル化の時代。

 で、ベル一行はバルトの案内で、フリーが修業しているという場所へ向かうんだけど、そこは砂漠地帯で行き着いた先はグランドキャニオンっぽいところ。これ「神」時代に、バルトが一緒に岩を引っ張ったあそこと同一なのかな。フリーの修業場って鹿のいる森の中がメインじゃなかったのか? 超王では森止まりだったよね。そもそも、スペイン国内にこんな場所(グランドキャニオン的な)あるの? 疑問に思ったことはすぐにググる。ありました、バルデナス・レアレスという砂漠と峡谷の不毛地帯。たしかにこんな場所だわ。ちなみに、ヨーロッパ圏で砂漠があるのはスペインだけらしい。

 その修業場所はもちろんスタジアム装備。まずはランゾーがバトル。ベルとは明日改めて、エルサントでバトルすると言うフリー。ベルのことは特別扱いしている感じですね。ランゾーの立場は? ひいてはバサラの扱いはどうなる? ということで、この先グッドマンがどんな形で絡んでくるのか、ますます楽しみ。

 それにしても、未だそっち系(笑)を感じさせないダイバ(※個人の感想です)。ランゾーのことは気に入ったらしいベルですが、グッドマン×ベルとかは有りなのかな。ベルにとってメインライバルは彼だと予測がつくし、異論はないと思われますが。ただし、そういう【腐】なノリを想像することすら申し訳ないほどなんですけど、並行してガチを視ていると、ダイバがいかに真っ当なのかがわかる。つか、「神」や超ゼツも相当【腐】寄りのヤバい内容だったのだと改めて認識してしまうわ。

 デルタはマジで正統派ライバルだよな。ちょっとヤバい奴オーラが出まくっていて、あれでいてドラムにデレるなんて夢のよう。デレるのはかなり先のお話らしいですが(現在バトルジャーニー編視聴中)ドラムに対して骨抜きになった彼を目にした時、わかってはいてもそのギャップに倒れてしまいそう。いや、デルドラ応援していますけど。

 まあ、正統派ライバル→正統派な?ライ主を拝見すると、シュウバルは特殊というか、イレギュラーだということがよくわかりますね。親友同士という関係から入ったことがその要因だと承知してはいますが、あそこまでこじらせる(あ~ん事件)ってのもなかなかない。今回、グッドマンというバルトガチ勢が登場したことで、いずれ出てくるシュウとの関わりはどうなるのか見もの。

 そうそう、フリーの修業場に到着した時の、バルトとフリーのやりとり。感情を表面に出さないフリーが心なしか嬉しそうだったな。バルトには信頼を寄せているのがよくわかる。ここの関係も熟年夫婦の域に入ってきたよ、シュウ、ピンチ。早く出てこないと、バルトはNTRどころか完全にフリーのものになっちまうぜ。

 つーことで、早いところガチを完走させねば。現在、仕事がMAXに忙しくて平日休みは取得できず、せっかくシスクミ小説の構想を練っても入力は手つかずだし、ましてやマンガ・イラストの類はとても手が出せない(と言いつつ描くかも☜天の邪鬼だから)。つまり、サブブログ1~3の更新はとても無理(4は過去作があるので何とかなるけど)とりあえず、このメインブログだけでも記事をUPせねばと入力している状態です。六月半ばになれば一段落するので、何とぞ御了承ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL語りへ
PVアクセスランキング にほんブログ村