灰になるまで腐女子です?

二次元沼にハマった永遠の35歳主腐が同輩を求めて綴る戯言

遠距離恋愛と言えば……

 クリスマス・イブですね〜、如何お過ごしですか? 結婚XX年目でイブもへったくれもないオラですが、バブル全盛期、イブの夜はディナーのあとに赤プリ(老朽化でこの前取り壊されたんだよね)やら品プリのスイートを彼がキープ、の過去にはそれなりに……ないわ。ほっとけ。

 大学時代、彼氏のいない仲間三人(バンドヲタM含む)でなぜかキャンパス近くの寿司屋に行き「イブの夜に女だけでいてはダメだ」と、そこの寿司屋の大将に諭された記憶があります。だから、オレら三人とも相手がいなかったんだってばヨォ。

 そういや、社会人になった時、クリスマスイブに二十万かけた同僚のことが話題になったな。みんな知っているということは自分で「オレは彼女のために二十万使ったんだぜ」って吹聴したんだろうか。男も女も振り回されたクリスマス狂騒曲、バブルってそんな時代。

 そんなオバ世代あるあるとして、遠距離恋愛と言えば1989年から始まったJR◯海の『クリスマス・エクスプレス』のキャンペーンが象徴的というか、即それを連想。「きっと君は〜♪」の山下達郎氏の超有名な楽曲をバックに、牧瀬里穂氏が駅コンコース内を走るアレですね。

 クリスマスシーズン到来の折、自分が支持している中で初めての遠距離恋愛CPであるシュウバル、この二人でやるっきゃないやん、ってんで描きました。表紙はエクスプレス風の米駒町駅(ちなみに米駒町でいいのかな? 米駒市とか◯◯市米駒区なのか不明なので町にしてしまった)にて『Beygoma express』としましたが中身の舞台はNY。クリスマス基本三色を使っての(三枚目は金というより黄土色だが)拙いですが初のシュウバルマンガです。pixiv・Twitter・サブブログ2にそれぞれUPしたので、宜しければ御覧下さい。

 

f:id:xifuren2019:20201222202756j:plain

Beygoma express 表紙

 今回このマンガに時間を費やしたのと、オンラインイベント準備もあって、こちらの記事のボリュームがイマイチどころかイマサンで申し訳無い、イベント終了後には反省会も兼ねてイベント所感を記したいと思いますので御容赦ください。

 そうそう、なぜこのタイミングで? と思うのが23日に発表された、爆ベイのグッズ販売というニュース。爆ベイファンでご存知ない方のために公式のツイを貼っておきますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL語りへ
PVアクセスランキング にほんブログ村