灰になるまで腐女子です?

二次元沼にハマった永遠の35歳主腐が同輩を求めて綴る戯言

祝♥フリー・デラホーヤ生誕祭記念 今「アテ鹿」って呼んだでしょ?

 本日11月11日はベイバ、フリー・デラホーヤの誕生日です。「神」から登場した主要人物でありながら今日まで、彼について詳しく語る機会がありませんでした。

 世界のトップブレーダーにて孤高の天才。飄々としていて喜怒哀楽の表現に乏しく、何を考えているのか、どう思っているのかがつかめない。言うことは結構辛辣。ゆえに、本人が群れることを嫌っているというより、近寄り難くマイペースすぎて誰もついていけない感じ。そんなフリーの一番の理解者はBCソルのオーナー・クリスだが、バルトの登場によって、彼の日常が変わっていく……

f:id:xifuren2019:20201107175637j:plain

フリー・デラホーヤ生誕祭2020

 フリーみたいなライバルキャラは珍しい気がするんだが、いかがでしょうか。あんまり見ないタイプだと思うんだけど。少なくとも、自分がこれまで履修してきた「主人公とライバルが切磋琢磨するスポーツorバトル物」では登場しなかったような。う~ん、森田先生の発想力がスゴイわ。とても面白い人物像だと思うし、新しいタイプの攻キャラとして、オリジナルBL小説のネタにも使えそう。もっとも、新規のネタは何も考えていないのですが。ヤバイ💦

 そんな、みんなが距離を置くフリーに対しても、フレンドリー(笑)に接近していく我らが主人公・バルト。彼の屈託のなさに好意を抱き、ベイに賭ける情熱を感じてか、心を開きつつあるフリー。練習においては的確なアドバイスを、シュウとの決戦の前には優しく励ますなど、「闇落ちしてバルトを遠ざけるシュウに対して、バルトのメンタルを支えたフリー」は「神」からのバルトの新しい彼氏と称されました。シュウを元カレ、フリーを今カレとするネタや、アニメで何かと鹿との縁があるフリーを「アテ馬」ならぬ「アテ鹿」とも。「泥棒鹿(猫)」呼ばわりもされていたな(笑)。

 シスコがフリーをライバル視していることから、シスコとのCPも存在するんですけど、フリーはシスコに対してはあまり興味がないというか、アウトオブ眼中な感じなんだよね。その点、バルトのことはフリー自身が特別扱いしているから、オラとしてはシュウバル前提でフリバルを推すんですけど。フリーとクリスとの唯一の男女CPはまた別物だな。それはそれでありだと思う、自分では特に推さないだけ。それにしても全編通じて男女CPが一組だけって、やはりコロコロ・ホビアニの本領発揮ですね。

「神」を観ていると、バルトはシュウを心配しているようで、フリーとよろしくやっている場面も多い。フリーが移籍してからはクミチョー&クーザ&キットとのバカ騒ぎとか、シスコとの絡みとかで、バルト自身がシュウについて触れるのはスネークピットの回とVSルイの回がメインで、あとはちょぼちょぼ(笑)だし。こいつ、普段は絶対シュウのこと忘れてるよなと思われても致し方ない。シュウはカプセルの中でもバルトを想っていたのにね。

 やっぱり遠距離恋愛はムズイわ。身近にいい人がいたら、それも、彼氏と比べて遜色ない人だったら、そっちにいってしまう気持ちはわかります。バルトがフリーを好きになっても、彼を責めることはできないって。ましてや音信不通の挙句に「オレの前から消えろ!」なんて言われたのに、それでも愛し続けろなんてバルトに強制するのは無理。前回の記事に書いたように、シュウバル小説執筆中の現在、内容を構築する上でシュウの心情を細かく分析しています。彼には彼なりの想いがあり、闇落ちも、バルトへの暴言も、彼が一概に悪いわけではないとわかってはおりますが……このあたりをどう表現していくのか。ストーリーはまだ無印編で「神」編には入っていないのに、想像していたよりも大変、進まない。いつになったら公開できるのやら。

 それにしても、前の彼氏が何らかの形でいなくなった失意の中(バルトが失意しているかどうかは別にして)すぐに新しい彼氏が登場するのって、まるで少女漫画だよね~。昭和のオバはまたしても『はいからさん』と『キャンディキャンディ』を彷彿してしまうよ。

  キャンディキャンディ関連の中古書籍がどれもバカ高くてびっくりした☟

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL語りへ
PVアクセスランキング にほんブログ村